【雑記ブログ】元気 生き方 ダイエット google chrome サマナーズウォー
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳と心と体の健康。 元気の種を世界に 【かもまこブログ】

元気が大切。私の過去の苦しみが報われる(どなたかの役に立つ)ための情報発信です。 人生に与えられた影響が大きかったコンテンツの紹介。

       ..

【蚊うざい!! 神対策】蚊の時期が来たUZEEEE!! 蚊に刺されない為の対策10通り以上を試した結果。。。蚊ウゼェうざい!! あーもうっ!!

対策 ウザイ 風物詩 デング熱

2015年12月17日更新:うざい蚊への神対策とは? 何事も王道が一番良かった。

本日の記事のピックアップキーワード。

 ・蚊に貴重な血を吸われている時に、針を抜けなくした動画

 ・生まれてこなけりゃよかった。

 ・人類の生命をも脅かす蚊

 ・寄生虫はゴキブリ並に精神ダメージを与えてくる鬼畜な存在。

・いろいろ試した結果、最強の方法はコレだった。

 

長い前置きがウザイ!とメールをしてくださった方がいらっしゃいましたので、蚊にまつわる雑学の前に、最下部にある結論の一部をコピペしにきました。 

 

価格と効果のバランス・使用者の評価が一番良く、今一番人気のある蚊対策商品です。

 お手頃な価格で、送料無料で1000円以下です。

(2015年6月20日現在の価格です。価格が多少前後する時があるので見て下さい。)

--------最下部の結論の一部コピペここまで--------

 

 

なんと……、厄介なことに約100種類もの蚊が日本に存在し、そのうちの32種類前後が人の血を吸いにきます。 

世界中で年間72万人が蚊のせいで死亡し、国内ではデング熱の発症ペースが過去最速になっており、今年は80人が発症しています。

 

今日はそんな『蚊』についての知識を蓄えてみませんか?

(嫌いなやつほど・敵ほど知って得するものはありませんもんね!? ←いやある)

 

蚊の生態・子孫繁栄・生存戦略 

 

・そもそも刺されると、かまれると、なんで痒いの?

 

やつら、ず る 賢 い んですよね!!!!

まぁある意味、生存戦略の一環であり、子孫繁栄という本能が具現化した、生き延びるための術で、人の皮膚感覚を麻痺させる物質を含んだ唾液を注入してくるんですよ。その唾液(物質)が、痒い原因なんです。

 

なるほど……やつら天才か……ッ!!!!

 

 蚊の針は素敵能力満載・痛くない注射針

 

いやまぁ、そんな素敵な能力が無くとも、蚊のあの極細の針に刺されて気付けるような、どんだけ敏感やねん!!な感覚を持っておられる方など居ないと思いますがね……(笑)

 

(余談ですが、極細針で思い出しました。あの極細針を参考にして今では痛くない注射が開発されましたね。蚊も人類の進歩にヒントを与える存在になってくれてたのですね!! 蚊 絶滅しても誰も困らない生まれてこなけりゃ良かったなどと言われている蚊にも良いところもあるんですからね!?)

 

 蚊に刺されるということを科学的に説明。

 

ということは、その唾液を中和・浄化させる物質を取り込めば、刺されても痒くなくなる……!? (いや、刺されない対策をすればいいだけだろ)

 

痒い部分は、蚊に刺されたことにより弱酸性になっているので、弱アルカリ性であるを擦りぬると中和され、痒みが抑えられます。 は か た の シ オ!

 

以下、刺された時の対処法と、興味がある方や、雑学などの知識を蓄えたい方への、その原理の紹介です。

さっさと、刺されない対策が知りたい方は少し下にある、カラフルな太文字

文章までスクロールして下さい<(_ _)>

 

 

 

 

 絆創膏を貼ることにより、空気と触れなくさせ、蚊の唾液による炎症をおさえることにより、痒みをおさえる方法。30分ほどで痒みはなくなります。(ナゲーヨ、そんな情報イラネ ココに載せんな!!

 

室内でできる方法としては、ライムやレモンの汁を塗る方法があります。抗菌作用もありますので、一石二鳥!! ちなみに日焼けしやすくなります。

 

定番の爪バッテン。これは痛みによる刺激を、かゆみの刺激を上回ろうというて原理のものです。

 

44℃前後の蒸しタオルを当てることにより、蚊の唾液のかゆみ成分の効果を失わせる。

同じ原理で、紅茶を塗ると、タンニンという成分のおかげで、痒みを減らせる。

 

他には、バナナやリンゴ酢、ペパーミント、ハチミツなども、かゆみを抑える効果があります。

 

 ニューヨークの皮膚専門科、Dr. Schultz で紹介されている自然療法もいくつか挙げてみました。

 

 

 

 

いや……待てよ…… そもそも刺されないようにした方がいぃじゃん!?

 

かゆみに耐える必要もないし!! いやでも、痒みを味わいたいという変態ドMな方も広い世の中にはいるかもしれないじゃんか!? きっといるよ!!

 

蚊に刺されないためにはどうすればいいの?~対策~

 

蚊に刺されて、その唾液により皮膚が炎症を起こし、痒くなるだけなのならまだギリギリ許せる人も多いかと思いますが、人類の生命を脅かすほど問題なのがウィルスや、病原菌や、寄生虫までも注入してくることです…………。(唾液だけで勘弁してよぅ……。)

 

日本でも去年に大きく話題になったデング熱ウイルスなどもその内の一つですよね。

 そして寄生虫。これマジキモいですよ、アイツらほんとマジキチ、ゴキブリ並みに精神的ダメージを与えてくる存在……。(さっさと対策おしry)

 

もちろん日本ではほとんど無くなりましたが、海外では毎年、蚊を媒体とした寄生虫で多くの方がお亡くなりになられています……。

(↑これは、別の寄生虫でした。)

バンクロフト糸状虫、えぇあのフィラリア感染症・フィラリア症ですね。

イヌをお飼いになられている方であれば、ご存じの方が多いのではないかと思います。(∪^ω^)わんわんお! ワンワンとうーたん。

 

でもこれも人に感染する場合もあるみたいですね。世界で数十という数の例ですが。

 

とにかく! 危険ですもんね!蚊! 痒いだけじゃなく危ないから、刺されない対策、しっかりしておきましょう!! 痒いといろんなことの効率が落ちますし……。(睡眠や仕事など。)

 

 でも、対策を立てるには、原因を突き止める必要があるじゃん……??

 

そうだね、プロテインだね。 そうだね、アルトだね。

 

いい加減にしないと読者様に嫌われる、こんな糞ブログ読んでもらえなくなる……(´;ェ;`)ウゥ・・・ 本来の目的を忘れるな! 分かりやすく!無駄を省いて!だ!!! いやでも…… でもじゃない!!

 

蚊にさされやすい人の特徴としては、以下のものがあります。

だから、こういう対策をします。という流れで説明します。

 

~特徴~

蚊は、人の熱や二酸化炭素、皮膚の匂いに、おびき寄せられてきます。

なので、体温が高い人・呼吸が多い人(運動直後の人や、妊娠中の人)が刺されやすいです。入浴後や、飲酒しているときなどもそうですね。(汗をかいている=体温が高いから冷やそうとしている状態。汗の乳酸にも寄ってくる。)

 

他にも、ストレスが少ない人は刺されやすいです。

蚊は、人がストレスを感じた時に出す物質が大嫌いです。

 

 

~対策~

蚊は飛行能力がとても弱く、時速2.4キロメートルと低いため、扇風機の風で防げる(中~強の風の強さで)。

脂肪分の多い食事や、糖類の多い食事を避ける事により、血液が酸性に傾くことを抑える。

 蚊は水たまりに卵をうみ、蚊の幼虫、ボウフラが発生するので、水を排除する

虫除けスプレー。アロマオイル。長袖、長ズボン。

 

 アロマオイルは大して役に立ちませんでした。

 色んな種類のものを、様々な方法(直塗り、霧吹きなど)で試しましたが、どっちみち吸われることが多かったです。

ただ、アロマは以前の記事

kamomako.hatenablog.jp

でも書きましたが、ゴキちゃんに効くので、それには使えます。

 

 

 

 

 

 

結局は、一番いい方法王道である、市販品を使うことでした。

 

虫除けスプレー最強です。

そりゃ皆、お金出して買いますわね。 

 

肌につけるのが嫌な方であれば、こちらのようなものが良いです。

advertisements

 

価格と効果のバランス・使用者の評価が一番良く、今一番人気のある蚊対策商品です。

 お手頃な価格で、送料無料で1000円以下です。

(2015年6月20日現在の価格です。価格が多少前後する時があるので見て下さい。)

 

蚊に指先を噛まれた時の痒さは半端ない、尋常じゃないですよね?

神経が多く集まっている所を刺された時のイライラ感といったらもう…… ○○○に匹敵しますよ!!! ○○○かと思いますよ!!! (←センスある方おもしろいセリフお願いします。

 

これで、やつらを撃退しましょうではありませんか!!!!

 

(他に試した方法:汗をこまめに拭く。テレビをつける。嫌なことを考え続ける。ベビーパウダーをぬる。ハミガキ粉を塗る。酢を塗る。ビールを塗る。分厚い服を着る。ふすま粉を塗る。ストレスを感じる作業をし続ける。)

 

追記:

蚊は種類によって吸う時間帯が違う!?

蚊は種類によって血を吸う時間帯が違います。

よく知られているヤブ蚊と言われているヒトスジシマ蚊は、昼~夕方にかけて血を吸いますが、アカイエ蚊という蚊は夕方~夜に吸います。

 

人の血を吸うのはメスの蚊だけです。産卵のための栄養を求めて、血を吸いにきます。オスの蚊は血を吸わないです。普段は、蚊のエネルギー源である糖分を求め、花の蜜などを吸っています。

 

 

 

 

今日はですね…… ものすごくいいことがあったんです……。

久々に心の底からジーン…………とキまして……。

それが原因で、当ブログの運営モチベーションが非常に上がりまして。

なので、いつもとは一味違う書き方となっているのです。

今後も、こういう感じの記事を書いていくと思います<(_ _)>

 

ほんと…… やっぱり世の中お金じゃないな……(勿論お金も必要ですけれど) と、本気で心の底から感じられる事案に出会えて・遭遇出来て、本当に良かったです。私は幸せ者です……。

この幸せ体験を、より多くの人にも体験してもらえるよう色々なプランを練っております。

 

今後共よろしくお願い致します<(_ _)>

 

 

 

 そして、最後に……

 

すごい動画を見つけました。

www.youtube.com

  

 ポポポポポ( ゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)ポカーン…

ス、、、スゲェ……

 

 (記事制作時間、文字数共に当ブログで過去最大となりました……。3時間+4000文字超え……。蚊大嫌い 蚊大好き(笑))

 

蚊 うざい 対策 蚊取り線香 夏 風物詩 モスキート mosquito

 関連記事

kamomako.hatenablog.jp