役立つ情報まとめブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【暮らしを豊かに:Smart Life Net】

ダイエット・健康・chrome・iPhone・アプリ・ゲーム・アニメの情報を主に紹介しております。

Widevine Content Decryption Moduleの解説。FLASHが重い!ゲーム時に特に【原因・解決方法・無効・64bit版】

Widevine Content Decryption Module Widevine Content Decryption Module-chrome flash 重い

2017年1月18日更新

[目次]

 

Widevine Content Decryption Moduleとは?プラグインの解説。

 

Widevine Content Decryption Moduleは、googleが2010年に買収した企業の技術が使われているものです。

 

どんな技術なのか簡単に言うと、インターネット上の著作権物保護するために使われている技術。 そうです、DRM技術のことですね。

 


flashと競合するプラグインで、動作が重い時がある。

adobe社のFlashと競合して、動画再生やwebブラウザの動作が非常に重くなるケースもありますので、Flashが使われているゲームや映像を楽しむ時に、重いならオフにすると良いです。

 

◇無効にする方法◇

インターネットブラウザ:chromeのアドレス入力欄(URL入力欄)に、chrome://plugins/と入力しエンターボタンを押します。

 

するとクロームに組み込まれているプラグインが、4個ぐらい表示されるので、そこからwidevine content decryption moduleを見つけて、無効にするという部分をクリックします。

 

なんで、そんなものがクロームに組み込まれているの?っていうと、Flashの拡張機能が無い人のために、そうされています。

 

下記に、google公式のhelpの引用を記していますが、要約すると、HTML5メディア(主にサイト)などで、flashなどをインストールしてなくてもchromeで再生できるようにするモジュールですよーってこと。

 

Chrome で使用されているファイルについて

ウイルス対策ソフトウェアやセキュリティ ソフトウェアで、「安全」として認識されたダウンロード ファイルが表示されることがあります。ファイル名が下記のいずれかに該当する場合、それは Chrome の構成ファイルです。Chrome が適切に動作するには構成ファイルが必要であり、これらの構成ファイルは自動的に更新されます。

 

Widevine コンテンツ復号化モジュール(widevinecdm、widevinecdmadapter、libwidevinecdm、libwidevinecdmadapter)
以下のファイル名が該当します。

 

widevinecdm.dll
widevinecdmadapter.dll
libwidevinecdm.dylib
widevinecdmadapter.plugin
libwidevinecdm.so
libwidevinecdmadapter.so


概要: Chrome では、HTML5 のメディア要素を使って保護されたオーディオ コンテンツや動画コンテンツを再生するために、Widevine コンテンツ復号化モジュール(CDM、Content Decryption Module)が必要です。

 

Chrome に組み込まれている理由: 動画ストリーミング ウェブサイトでは、Widevine CDM を使用することにより、Chrome 上で Flash などの追加プラグインがなくても保護されたコンテンツを再生できます。このモジュールは保護されたコンテンツの再生中にのみ使用されます。 

Chrome で使用されているファイルについて - Chrome ヘルプ

 

Widevine Content Decryption Moduleの解説についての要望が多かったですので、一番最初に記述し直しました。 下にも書いてありますが。

 

 

『クラッシュ』、『表示中に問題が発生しました』『次のページは応答していません』『Shockwave Flash hascrashed』などのエラーメッセージが出た時の解決法。

 

 

あと、下記の4つのエラーの解決方法。

 

 

  • エラー『このウェブページの表示中に問題が発生しました。続行するには、ページを再読み込みするか別のページに移動してください。

  • ウェブページの表示中に問題が発生しました。再読み込みボタンをクリックするか、別のページに移動してください。

  • 次のページは応答していません。応答があるまで待つか、強制終了してください。』

  • Shockwave Flash hascrashed

 

 

上記で述べた方法で、Widevine Content Decryption Moduleをオフにする。

 

それでもだめなら、下記。

 

下に貼ったGoogleオフィシャルサイトにある、chromeをダウンロードという青いボタンの下にある、『Windows 版(8.1/8/7/Vista/XP 32-bit)』の更に下にある、『別のプラットフォーム向けの Chrome をダウンロードという部分をクリックすると、64bt版のダウンロードボタンが表示するので、ダウンロードしてインストールする。

Googleオフィシャルサイト
C
hrome ブラウザ

 

 

 

下記は、この記事を書くに至った経緯や、奮闘プロセスです。

(怒りの感情も混じっている汚い文章です、すみません。)

 

(最下部への追記内容:SUGEEEEEEEE!!!!!! ここ数日、FC2を開いても、chromeブラウザの左下のステータスバーに、リクエストを処理中ですと表示され、ずっと画像が表示されず、クルクル重い状態だったけど、直せたww その方法を書きました!)

 

動作早くて、利便性抜群利用者が多いので、開発される拡張機能多く、素敵な拡張機能がたくさん開発されるため)なGoogle様のchromeを日々使わせて頂いておりますが、いつからか、再び動作重く(遅く)感じるようになりました……。

 

 

以前にも、Google様のchromeが重くなる現象があり、その時の対処法として、以下の記事を書きました。

 

kamomako.hatenablog.jp

 

今回は、chromeを使用してインターネットサーフィン(死語!?)をしていると、突然タブが強制終了してしまう現象です。開いているタブのページが急に変わり、エラー『このウェブページの表示中に問題が発生しました。続行するには、ページを再読み込みするか別のページに移動してください。』と表示されるのです……。似たようなエラーメッセージでは、『ウェブページの表示中に問題が発生しました。再読み込みボタンをクリックするか、別のページに移動してください。』というものがあるようです。

 

他には、『次のページは応答していません。応答があるまで待つか、強制終了してください。』というエラーメッセージや、動画を再生するサイトへ行き、しばらくすると『Shockwave Flash has crashed』というエラーメッセージが表示されることも頻発しておりました。

 

前者のエラーメッセージについては、色々な原因と、その解決案があるようですが、後者については、根本的な解決策は無いようです。根本的でなければあるのか?というと、例えば、そのエラーメッセージが表示される所で、そのページの全ての読み込みは出来ていないけれど、大方読み込めており、そのページのほとんどの情報を読み取ることは出来るので、それで良しとし、そのエラーメッセージを表示されないようにするだけの方法はあるようでした。

  

 

私が試した方法は、chrome64bit版をインストールすることでした。いや、これ知らない人多いのではないでしょうか。 多くの方がwindows7 64bit版をご使用になられているかとは思いますが、せっかくの64bitの機能を最大限活かしきれていなかったという屈辱……。 さすがはGoogle様、しっかりと64bitの恩恵を最大限受けられるシステムとして開発なさってくれているブラウザがおありでしたのですね……。

 

しかし、もっと目立つように表示してくださればいいですのに!?

以下のGoogleオフィシャルサイトにある、chromeをダウンロードという青いボタンの下にある、『Windows 版(8.1/8/7/Vista/XP 32-bit)』の更に下にある、『別のプラットフォーム向けの Chrome をダウンロード』という部分をクリックしないとお目にかかれないというサイト設計……。

 

Googleオフィシャルサイト Chrome ブラウザ

 

この方法では、前者のエラーメッセージも後者のエラーメッセージの表示頻度も格段に少なくなりました。完璧ではありませんが、あらゆるサイトを調べて、様々な方法を試してみて現在の改善状況ですので、ひとまずはこれで良しとしておきます。普段あった動作のモッサリ感も解消されたことを体感できました。

 

私と類似のエラーが出ている方が投稿した、Google様の公式ページのヘルプフォーラムでは、皆様お怒りの模様でした。

productforums.google.com

 

 

 

似たようなエラーや、他のエラーの対処法としては、Google様が下記の公式ページのヘルプにて記載されております(それぞれのページに複数の解決策の案があり、全てを試していくには非常に多くの時間を消費しますので、全てを読まれ、一つ一つ試される方は相当時間と根気がある方なのだと思われます……)。

 

ヘルプページその1

Google Chrome のエラーとクラッシュ - Chrome ヘルプ

 

ヘルプページその2

support.google.com

 

 ヘルプページその3

support.google.com

 

以下、奮闘プロセスの一部です。

インターネットブラウザ:chromeのアドレス入力欄(URL入力欄)chrome://plugins/と入力し、プラグインを見直しました。

 

Chrome Remote Desktop Viewer (無効)→遠隔操作なんて怖いものはオフでいいんだよ!! そりゃ便利だけどね!? 今は使わないし恐いからオフ安定。

 

Widevine Content Decryption Module → セキュリティ対策の凄いプラグインらしいので、オンのままにしておく。 デジタル著作権物を保護するためのモジュール。 当記事の最上部に、詳しい説明を移動しました。

 

Chrome PDF Viewer → これも勿論オン。chrome付属のPDFリーダーは見難いという意見もありましたが、私は全くそんなことが無いです。

 

Adobe Flash Player → これは必須ですよね、オフにすると動画とか見れないの多くなりますし。

 

Native Client (無効) → なぜか無効になっていた。こちらもGoogle様が開発した凄いセキュリティ対策のプラグイン。サンドボックス技術→システムが不正に操作されるのを防ぐセキュリティモデル。 オンにし直しておきました。

( ご指摘ありがとうございました<(_ _)> )

 

 

 とりあえず、windows64bit版を使っているのに、chrome 64bit版があるにも関わらず32bit版を使うという、宝の持ち腐れになり兼ねない状況を脱せたということだけでも大きい成果を得られたのではないかと思いました。

  

 

 

追記:世界中ではとうの昔にGoogleのインターネットブラウザ:chromeが余裕のシェア(利用者数)第一位でしたが、ついに日本でも過半数を占めるという状況にもなってきましたね。

グローバル目線・グローバル思考で物事を考えていくことが、成功や目的達成の加速剤になる確率が高いです。

 

この世は、目的を達成できる確率が高い選択肢を、自ら(自分)の頭で考え選んでいくゲームだと思っています。

 

どのような選択肢も、確実や、絶対なんてものは有り得ません。

同じ選択肢をするとしても、状況や環境によって結果は違ってきます。

 

 

 chromeが重い時ステータスバーに表示される「リクエストを処理中です」の改善方法

何年も普通に見れていたのに、突然数日前からリクエストを処理中です、と表示され、画像が9割以上表示されずに待機させられる状態に陥りました。

そして、色々試した結果、直りましたあああああああ やったあああああ!!!!

直せた方法と、だめだった方法、どちらも記載しておきますね。

まずは直せた方法からですー。

  1. chromeブラウザの右上にある三本線(設定)ボタンをクリック!

  2. すると表示される一覧にある、下から二番目に「ヘルプ(H)」をクリック

  3. そして「Google chromeについて(G)」をクリック!

  4. するとグーグルHelpの概要ページが表示されたと思うので、そこの真ん中より少し上付近にある、更新する」ボタンをクリック!(私は、先ほど更新してしまったため、最新バージョンですと表示されてしまっています。更新前の正確な表示が不明です申し訳御座いませんorz)

  5. そして、100%になり更新が完了したら、再起動してくださいという表示に変わっているので、chromeの右上のバツを押してブラウザを一度全て閉じる。

  6. そしてグーグルクロームを起動しなおして、先ほどリクエストを処理中ですと表示され重くて画像が9割以上表示されなかったFC2サイトへいくと…… おおおおおおおおお!!!!!!! 高速で表示されたあああああああ!!! しかも前より速くなってね!!?!?!?って感じでした。

そしてね、この前に、履歴の削除で、ダウンロード履歴と、閲覧したサイトの履歴と、画像などキャッシュの履歴の削除をしていました。

 

それだけでは改善できなかったのですが、それも意味があったのかな!? 前より'速い気がしますw

 

以上、リクエストを処理中ですの表示で重い方へ向けての追記内容でした!!

 

※あくまでも私の場合ですので、万全な改善策かどうかは分かりません。 これで改善したことや、しなかったことなどコメント下さると幸いです。

 

 

それでもまだ重いクロームを、もっと軽くしたい方向け。

ここまで書いてあること全部ためしたけど、重いの直らないよう……という方は、コチラの記事のことも、実行して下さい。

kamomako.hatenablog.jp

【chrome初心者向け】厳選オススメ拡張機能

chrome歴が長い方や、PCに詳しい方はご存知かと思いますが、私が日常的に使っている2つの拡張機能をご紹介します。

 

その1

Save Tabs (下記にリンクあります)

現在ひらいている全てのタブを、ブラウザの右上に設置されたボタンをワンクリックで一括でお気に入りにいれてくれる(ブックマークしてくれる)。

ボタンをクリックした時の日付・時間のフォルダを自動生成してくれ、そこに全て保存されます。

 

毎日数十のサイトを、多い時には数百ものサイトをお気に入りに追加している私にとっては必需品です!! 便利すぎます。

そして、ブックマークのURL(サイト)が大切という方は、ブックマークのバックアップ(エクスポート)は必ずしておきましょうね。

 

やり方は、Ctrl + Shift + O ボタンを押すと(もしくは、chromeブラウザの右上にある『横線三本のボタン』をクリックし、上から7個目ぐらいにある『ブックマーク』をクリック、次に『ブックマークマネージャ』をクリック)ブックマークマネージャが開かれますので、そのページの左上にある『ブックマークマネージャ』の文字の右下にある『管理』という文字をクリックします。そしたら表示される一覧の一番下にある、『HTMLファイルにブックマークをエクスポート』という文字列をクリックし、保存します。保存したら、USBメモリや、外付けHDD(ハードディスク)、DVDなどに保存しておくとよいでしょう。

 

SaveTabs - Chrome Web Store

  

 

 

その2

動画ゲッター (下記にリンクあります)

そのサイトで再生した動画を一発で保存してくれる拡張機能。

動画を再生すると、動画ファイルがダウンロードされていきますよね?そのダウンロードされた動画ファイルのキャッシュから、ワンクリックで保存してくれるものです。

現在は、Youtubeやニコニコ動画の動画はダウンロードできませんが(そちらのサイトでは別のツールの方が便利ですよね、Craving Explorerなど使われている方が多いかと思われます。)大手動画サイトの動画は大方はダウンロードできます。(平成24年10月から違法ダウンロードは刑罰の対象となりました。本拡張を使用する前に下記URLの内容をしっかり読んでいただき、 違法ダウンロードは絶対に行わないようにしましょう。著作権者の許可なくアップロードされた動画について、それを知りながらダウンロードすることは法律で禁じられています。)

違法ダウンロードが刑罰化されてからは、使う用途が少なくなり、今では自分のアップした動画のダウンロードテストや、友人が撮影しアップロードした動画のダウンロードぐらいにしか使っていませんが、とても便利です。ちなみにxvideosやxhamsterやアダルトジャンルのサイトの利用は、18歳未満の方は閲覧ともに禁止されていますのでご注意を。

 

動画ゲッター - Google Chrome 拡張

 

 

いかがでしたか?有名所なので、ご存知の方も多いと思われます。

 

本来はGoogle関連製品の紹介をしようと思っていたのですが、次回以降にします。

 

 

 【2016年windows版】Google chromeを再インストールしたら全て改善された。ポップアップ広告のウィルスとか。

 

日常的に大人なサイトを回遊している私ですが、久々に鬱陶しいウィルスに感染してしまったようで、あまりの煩わしさから、即座に改善策を実行しました。

 

症状:あるサイトでウィルス感染。ウィルスの内容は、Google chromeブラウザで何かを検索し、表示されたサイトの一覧をクリックすると、ポップアップ広告が強制的に表示されるもの。

 

chromeの設定でポップアップブロックをしていても表示されるが、いくつか対策をとると、当該ページへ繋がることはブロックできたが、画面をクリックする度に高確率で何度もポップアップが表示される症状は改善されなかったので、いっそのこと再インストールを試みた(ブラウザの再インストールの前に、システムの復元を試みたが、そちらでは症状は改善されなかった)。

 

良かったこと:OSを入れなおしたりせずともブラウザの再インストールだけで、ウィルスの症状も消え、動作も軽くなった。

 

注意点:64bit, ブックマーク オーバーフロー 拡張機能 クッキー パスなど

 

windows7,8,10いずれかの64bitをご使用の方は間違っても32bit版にしないように注意!!

理由などは、当記事の上記で述べた通りです。

 

 

 

 

yahoo天気・災害のトップページの右上のPR(広告)欄に怪しき画像が……

google chromeを使って、ホームページ(ブラウザを起動すると開く一番最初のトップページ)を、私はヤフー天気に設定しているのですが……

その正体はadnxs comという悪どいサイトだった。気を付けて下さい【注意】

 

~はじめに~

※yahoo様は一切悪くございません。関係ありません。

パソコンを使っているユーザーの行動(私の場合は私のせい)に原因があるのです。

 

~ここから本題~

最近、趣味用のパソコンで、ネットサーフィンをしていますと、よく見かけるようになりました。

 

いかにも、Googleさんなどは絶対に禁止しそうな画像の広告です。

 

『お使いのFlash Player、MediaPlayerのバージョンが古いです・最新のものではありません』 

『お使いのパソコンでウィルスが検出されました、います<”削除して下さい、 削除する(クリックボタン)』 

『クラッシュ寸前です、○○○○ry(略』

 

表示される時もあれば、表示されない時もある……。

 

hostを書き換えられているのか、ある一定のドメインのサイトへ飛ぶはずのリンクを、自身(adnxs.com)に書き換えるウィルス?スパイウェア?アドウェアなのだろうか。

 

調べてみると、3年ほど前からこんにちまで流行っているようで、多くの改善方法が出てきました。

 

amazonへのリンクを書き換えられている方や、ネットをしていると突如、adnxs.comのページが表示される方がおられるようで、様々な悪質な方法で誘導している模様。

 

yahoo天気・災害のトップページの右上のPR(広告)欄以外でも、表示される時もあるので、数日前から気になってはいましたが……。

趣味用のパソコンでは、趣味専用のインターネット回線も引いておりますので、恐れるものなしで色んなサイトを巡っているので、そのせいでしょうね……。

(アンチウィルスソフトは勿論いれておりますが。)

 

小心者、極度のビビリ、不安症ですので、仕事用のパソコンでは少しでも不安があればサイトもメールも開かないようにしているので、その反動もあり見たい放題です(爆)

 

どうやら、GoogleChromeをお使いの方で、このこの被害に遭われている方・現象に陥られている人が多いようですね。

Chrome自体をアンインストールし、再インストールする方法が手っ取り早い感じですね。私もそれで直りました。

趣味用パソコンはリカバリ前提で使用していますので、こういう時も大した手間がかからず非常にラクです。

 

何事も備えあれば憂いなしです。

 

影響度と頻度のバランスをみて、優先順位を決定し、対策をしておきましょう。

リスクマネジメントの基本です。

 

何かあってからじゃ遅いというような事象が起きないと行動できない人はバカ・アホです。アナタとアナタの周囲の方が損するだけです。アナタのために言っています。決してバ*にしたいわけとかではありません。良くない思いをさせても私には何ら一つメリットがありません!

 

人の役に立ってこそ、自身にもメリットがあるのです。

 

充実感・満足感・金銭・地位etc...

 

win-winの関係こそが勝利を噛み締め続けられる方法・最強、なのですから(・3・)

 

chrome 重い google クローム グーグル ブラウザ 軽い 一番 人気 拡張機能

 Copyright(c)zcool.com.cn