役立つ情報まとめブログ

【暮らしを豊かに:Smart Life Net】

ダイエット・健康・chrome・iPhone・アプリ・ゲーム・アニメの情報を主に紹介しております。

ニートでも就職したくなる会社!! 仕事したくない?会社辞めたい?嫌? 辞めてOK!! 戻ってきても良いぞ!! 違う部署? 勤務地? 全部自分の好きにしてイイゾ!! 全部自分で決めな!! 神企業

日本で一番就職したい企業ランキングNo1になってもおかしくないでしょう。

 

教えても分からない人は分からない。自分で身を持って経験して、何年も何年もかかって分かり得ることがある。

 

考えの主軸となっているものは、社員のやる気を最大限に引き出すためという目的であり、そういった考え方を達成するために社員の自由度が、かなり高い会社です。

f:id:kamomako:20150821000309j:plain

Copyright:Big Ben in Japan

 

パネェッ!!

テンポスバスターズの創業者:森下篤史さん(もりしたあつし さん)が半端ない。

 

今日は、社員のやる気を最大限に引き出す方法、テンポスバスターズ、森下篤史さんについての記事です。

 

テンポスバスターズって何?森下篤史さんってどんな人?

主に、飲食店の厨房器具の中古販売を行っている会社。

厨房器具が必要なくなった店から、買い取り(仕入れ)、自社工場で解体しサビなどを綺麗にし、水ぶっかけて洗って、扇風機で完全に乾かせて、売りに出すという流れ。

(電化製品たって、完全に通電していない状態なら水をかけても壊れないし、その後に完全に乾いてないまま通電させるから壊れるだけであって。)

 

仕入値はイス1個500円とか、シンク台が数百円。トイレの手洗い場300円、製氷機は7万で買い取ったり。

 

販売する時はだいたい倍ぐらいの値段で販売なされている模様。

 

今、大注目されている方ということもあり、森下さんが著書の書籍『「戦いモード」で会社が変わる』と『ザ・仕事人』という本は、amazon売り切れ状態!! 凄い!!

書籍で売り切れってアマゾンで一回も見たこと無い気がする(過去10年以上アマゾンを使用し、3000点以上商品を見てきて。購入した商品は100点程度)

 

 

この人、ものすごく優秀。大学卒業後、入社二年でトップセールスマンとなったが、上司とぶつかり解雇。そして自身で独立し起業。しかし失敗、失敗、失敗と、失敗の連続。 それでも諦めず、考え続け、成功に至った。 結局それが一番大事。 失敗なんてして当たり前。しないで成功とか逆に危ないから。

 

森下篤史さんが実践している方法や考え。

毎日充実して生きるという事が究極の価値。

社員のやる気を最大限引き出す。→していること。

  • 社員に全て自分の好きにさせてあげる。
  • 自分の人生なんだから自分の好きに全部しろ、と。
  • 会社の利益の分配→前年比増加だと10%分を社員に配分する。
  • 人よりも成果を上げた社員ランキング上位数十%に数万円の報奨金を贈呈する。

などなどの分かりやすい方法を実践なされています。

まぁ結局人は金で動きますからね。金だけでは動かない人もいますが、そこももちろんカバーなされている。一番大事な自由度、自分で物事を決めさせることもさせている。

 

能書きなんていらない。実践(トレーニング)が一番大事。

教えるだとか、納得だとか、そういうことじゃダメ。

とにかく何度も繰り返してトレーニングをさせる。

どれだけトレーニングさせたかが一番結果に直結する。

 

この会社の自由度は物凄い。

『会社やめたけりゃ、やめりゃいいじゃん。でもその選択が今は間違いだと気付けない場合が多い。だから戻ってきてもいいよ。役職や待遇は辞めた時のままで復職させてあげるよ』という神企業。

 

転勤・勤務地や、部署なども好きに選択できる。

なぜそういうことをされているのか。

上司が気に食わないから、同僚が気に食わないからなどという理由で、部署を転々としている人に身を持って、どこへいっても同じなんだ。我慢しないといけない部分はあるのだということを身をもって学ばせるため。そういう基準で選択してても、だめなんですよ、幸福にはなりませんよってことかな。

 

他にもドラフト制度や、フリーエージェント制度なるものがあり、各部署の部長は欲しい人材がいたら、引き抜きが出来るし、逆に行きたい部署があればそこの部長が納得すればOKというもの。

 

 

なぜこのビジネスを始めようと思ったか。

中古ビジネスをしている会社を20軒ほど視察して、どこもかしらも儲かっていたから。フィリピンに遊びにいったりし、高級外車を乗り回していたり。

これ大事。結局ね、儲かっている人と同じことすれば儲かるんだよ。まぁそれが難しいってこともあるけれど、まずそこが同じだと儲けやすい。

 

まぁ、そうですわな、いらないもの、不要なものを拾ってきて、売るビジネスだもんな、根本は)

 

 

会社名の由来

1984年に公開されたアメリカの映画の『ゴーストバスターズ』にちなんで、テンポスバスターズをいう会社名にしたらしいです。Ghost Busters IIIまで制作されている大人気映画ですね。店舗の掃除人(バスターズ,busterの複数形)という意味だそうです。 

 

 

おわりに

しびれたねこの人の経歴や考えを知った時。

もし自分(私)が大企業の社長だったらするだろうなってことを全てなされていた。

 

それでも私は就職よりも起業するべき、した方がいい、自分はそうした、そうしていますが、就職しないと命をとられるというなら、この企業で働きたいなぁ。

全力で自身の全ての能力をアピールし、自分を雇うことでどのようなメリットがあるかを会社に伝えたい次第ですね!

 

www.tenpos.co.jp