役立つ情報まとめブログ

【暮らしを豊かに:Smart Life Net】

ダイエット・健康・chrome・iPhone・アプリ・ゲーム・アニメの情報を主に紹介しております。

【サマナーズウォー】ルーン付けるおすすめモンスターを解説【最適の活用をして金星・赤星維持】

ルーンのおすすめの使い方を解説していきます。

 

暴走のルーンがなぜ人気で、なぜ強いのか、なぜおすすめされるのかについての理由もあります。アリーナで金星・赤星をラクに維持したければ意思のルーン(免疫)を活用しましょう。

 

初心者様~中級者様むけに、こういうルーンってどこで、どういうモンスターに付けるのがおすすめで一番いいの?ということを解説していく記事です。意思のルーンで金星・赤星を維持する方法の解説。

 

それぞれのルーンの能力を最大限に活かせるパターンやダンジョンを紹介していきます。あなたのルーン組み合わせ戦略の参考にして頂けますと幸いです。

 

目次 (タップで当該本文へ自動移動)

ルーン厳選の意識改革は2回おとずれる

1回目はルーンの、サブオプション・付与値ですね。

 

星5以上で、パーセントのサブオプション2つ以上ついているという条件でルーン整理・売買を行ったり、星6でも %サブオプションか速度が付いていなければ売るというものですね。

 

速度のサブオプションは、%サブオプションと同様、場合によってはそれ以上の価値があります。なので速度がついたサブオプションも%としてカウントすることをオススメします。

 

今の私は、速度orパーセント付与が合計3つ以上あるルーンを厳選しております。

もちろん2・4・6番の偶数ルーンはパーセントのものしか使いません。

 

基礎ステの低いキャラに、例えばHPは高いけれど、防御力は低いコナミヤなどに、あえて偶数番号に防御力実数値のルーンをつけることも昔はありました。

 

でもそれは、そのルーンのサブオプションが非常に優れている場合です(%3つ+速度など)

ですので、基本的には偶数ルーンはパーセントのものを使い、付与も%が1~2つ以上ついているものを使うようにしましょう。

 

2回目はルーンの種類です。

 

どうしても、意思のルーン(免疫)や、暴走・反撃のルーンが欲しくなってくる時が訪れます(アリーナ・死ダンにて)

 

特にルーンが重要となってくるのはドラゴンダンジョン10階や、死のダンジョン10階や、アリーナで金星・赤星を目指すようになってきてからです。

 

序盤は巨人で手に入る絶望のルーンや、元気のルーンをつけておけば、巨人10階や試練の塔100階タワーノーマル(リリスはまだしもアスタロス)ぐらいならクリアできます(星5~星6ルーンの+15強化で)

 

巨人10階ははどんなルーンでもPTの耐久力・回復力・回転力さえあれば、クリアできます。 詳しくはこちらの、星6優先おすすめモンスターは巨人10階攻略で決める!記事で紹介しております。

 

それでは下記で、それぞれのルーンの特徴や価値、適した使い場所・付けるモンスターを説明していきます。

 

絶望のルーン(スタン)

はい、初心者~上級者、みなさん御用達のルーンですね。

全体攻撃スキルを2つ以上もっているモンスターにつけられていることが多いですね。

それが一番、絶望のルーン(スタン)の価値が上がりますからね。

 

あと、反撃スキルや挑発スキルを持っているモンスターにもよく使われます。

 

たとえば、星2モンスターのウルシャー・ウォーベアなんかに絶望のルーンを付けると、試練の塔・タワーノーマルやハードを、ラクにクリアしていくことが出来るようになります。

 

どこでも活躍する万能ルーンです。

(巨人ダンジョン、タワー、アリーナ、ヒロダン)

以前は巨人ダンジョンで手に入れることができませんでしたが、今ではよくドロップしますね。

 

暴走・反撃のルーン(ターン獲得)

なぜ人気で強いのか?

みんな大好き、ばんばん動く暴走ルーンです。

よくギルバトやアリーナで、自分のはあまり動かないのに、なんで敵のはこんなに暴走・反撃するんだよ!!?!?ってなるやつです(泣)

きっと気のせいです、プラシーボです。運営を信じましょう……。。。

これらのルーンが欲しくなる理由は、大きく分けて3つあります。

  • 現状のクリアできないダンジョンをクリアしやすくするため
  • 死のダンジョン10階クリア、安定化・高速化
  • アリーナで金星~赤星めざしたい。

クリアできないダンジョン → タワーやドラゴンです。

死のダンジョンなんかでは必須のルーンですね。

 

暴走ルーンは私も中級者の頃は嫌厭しておりました。

だって、運要素が増えて、不安定になるのは嫌だからという理由からです。

 

しかし、今となっては暴走だいすきっ子になっちゃっています……w

 

その理由はズバリ!やっぱり強い!!!からです。

暴走のルーンを付けて能力を発動させるためには1セット4つのルーンを付ける必要がありますよね?

もし、代わりに他のルーンをつけた場合、たとえば元気のルーンであれば4つ・2セット付けられます。

 

その場合、体力を30%ふやすことができます。

その体力30%の価値と、22%の確率でターンをもう一度獲得できる価値、どちらの方が大きいかということです。

それは圧倒的にターン獲得です。

 

ちなみに、体力の30%というのは、そのモンスターの基礎ステータスの30%が増えるということです。基礎ステHP10,000のモンスターに、ルーンを5個付けて20,000にして、そこに6個目をつけるとHPが50%あがるルーンだったとしても、30,000にはならずに25,000となります

 

なので、実質3割増しなどにはなりません。

HP重視のキャラにつけるのであれば1割程度しか増えない計算になる場合もあります(例:基礎ステ12000  他ルーンで合計HPが36000 30%増えても3600しか増えない)

 

しかし、どうでしょう?

暴走のルーンで2割強の確率でターンを獲得してみて下さい。

アタッカーであれば相手モンスターのHPを半分以上削れる場合だってありますよね?

相手が硬かったとしても3割は削れるでしょう。

 

あとは1ターンの重みです。

スキル1~3では、基本的に数字が多いほうが強力なスキルですが、それらのスキルを連続してスキル3・スキル2と相手より先に打った場合の影響力です。

 

攻撃速度300を目指す人達が多いのもその理由です。

とにかく相手よりも多くのターンが自分に先にまわるということが、どれだけ強いかということなのです(サマナーズウォーの話)

 

その速度300を目指すのに疲れた人は後術している意思(免疫)がオススメです。

少し長くなったので、小見出しを挟みます。。。

 

ルーンの活用方法

なぜ暴走が強いかということは上記でお分かり頂けたかと思います。

では、活用場所です。

 

基本的にどこでも強いですが、前述した通り、クリアできない階層のドラゴンダンジョンや、タワーノーマル・ハードで使います。

 

そして、何より一番必須となるのは死のダンジョン、通称:死ダンですね。

死ダンでは、敵モンスターにとにかく多くの攻撃回数を与えなければなりません。

なので、攻略情報のモンスターランキングにも、1度のスキルで複数回の攻撃をできるモンスターがランクインしていますね。

 

そういうところで、暴走や反撃で、スキルを再び使えるとなると、そりゃ有効でしょ、というだけのお話なのですが。。。

 

反撃のルーンは、第1スキルが強力なモンスターに人気です。

たとえば第1スキルが全体攻撃で、そのモンスターに絶望のルーンをつけて全体スタンをできるキャラクター(水魔剣士)などは、あまった1セットには、元気や刃をいれるぐらいなら、反撃をいれたほうが強いです。

 

 他にも、第1スキル自体に、気絶や睡眠・防御弱体化・速度低下・挑発など状態異常がついているモンスターに装備されることが多いです。

ちなみに、光ベアマン・アーマンは反撃のルーンで反撃をしてクリティカルが発生したとしても、パーティーメンバーのHPは回復しません。

 

過去に暴走率の弱体化が入った今でも、まだまだ高い・暴走しすぎと言われているものですね。私もサマナーズウォーの連続攻撃率の計算式のプログラムはおかしいのではないかと思っています(タイロン・水シルフの第一スキルとかえぐいです、何連続攻撃するのんって感じです)

 

意思のルーン(免疫)

アリーナで金星・赤星維持する方法

 リアルタイム・ライブアリーナの実装、ヒーローダンジョンの仕様変更に伴い、ますます需要が高まってきている意思のルーン。

 

もちろん通常のアリーナでも大活躍しますね。

アリーナで金星や赤星を目指す方にとっては必須のルーンです。

金星の維持程度であれば、意思のルーンが無くても、施設なしで速度250のクロエやバナードさえあれば可能です。

 

しかし金3~赤1の維持となると、意思のルーンで固めているパーティがあるのとないのとでは大違いです。

私も赤星維持をできなかったころは、試行錯誤しておりましたが、意思のルーンを集めてパーティに組み込んでからは維持できるようになりました。

 

アリーナで肝となるのは、攻めです。

強い守りは、水イフや、クロエ、風姫、リテッシュ、ラカン、バナード・ルシェン・カミラなど、ある程度みなさん同じです。

基本的には、敵の守りにいたら嫌なパーティーを自分でも組むようにしましょう。

 

そして、攻めで得意パターンをつくりましょう。

私の場合は、守りのパーティに防御無視スキルがいない速度型の防衛を倒すことが得意です。その時の攻めパターンは、、、

 

意思のルーンで固めているパーティーです。

こいつらのおかげで赤星にのぼりつめ、防衛でもまずまず成功し維持できています。

サマナーズウォーの対人の肝は、状態異常にあります。

 

攻めの勝利パターンは大きく分けて速度型・耐久型にあります。

速度型は防御無視や超火力で一気に片付ける方法ですね。

しかし、速度で負けたり、耐久型を倒しきれなかったり、こちらに相手の強化効果を解除するモンスターをPT(パーティー)に入れていなくて、相手に意思・免疫がついている場合、負けてしまいます。

 

一方で、少し時間はかかりますが、安定して勝利していけるのが耐久型です。

それも、全員に1~2ターンの意思のルーン・免疫をつけているパーティーです。 

 

自身の体力に比例して攻撃力が上がるモンスターは打ってつけです。 

意思のルーンを付けますので、盾割り(防御弱体化)を気にする必要もありません。

なので、防御比例のモンスターも有効に使えます。

強化解除スキルを防衛においているパーティーは攻めなければいいだけです。

 

相手に先手を取らせて、本来であれば強いスキルを弱体効果のないものとして使用させて(意思のルーン・免疫効果)、勝利していく戦略です。

 

しかし、いくら免疫つきの耐久型といっても敵のアタッカー3~4体にまとめて攻撃されると、沈んでしまいます。HPは35000~50000です。

なので、最低でも火水風の3属性は入れておくようにしましょう。

 

レオ・風ドラゴンナイトをお持ちの方は、PTメンバーはとにかく体力と防御力にまわしましょう。レオには最低でも2セットの意思のルーンをつけるようにしましょう。

 

そうでない方は、2番を速度にするか、サブオプで速度も考慮してあげるようにしましょう。2ターン連続で相手に攻撃されても耐えられるHPと防御力に上げられるのであれば構いませんが(体力比例・防御比例スキル持ちキャラですのでその分、火力もあがりますしっ)

 

あとは、強い回復力を持っているキャラクターや、免疫をもっているキャラクターがオススメです。

例えば、風姫やクロエや、デルフォイ、ベタですね。

 

金星・赤星維持の戦略をまとめると

  • 体力比例・防御力比例のスキルを持っているモンスターを選ぶ
  • 意思のルーンを1~2セット装備する
  • 回復力が強い・免疫スキルを持っているキャラを入れる

ですね。

免疫のルーンを1~2セット付け、残り枠には、暴走か、反撃か、保護を装備しています。体力の基礎ステが高いモンスターに保護のルーンをつけてPT全体の耐久力を底上げすることも、とても良いですよ。

 

アリーナの攻めでオススメのモンスターは、リテッシュ(風神獣僧)や、マンチュラ(闇サーペント)、水仙人、アナベル(水オカルト)、デオマルス(水イフ)、風姫、クロエ(火司祭)、デルフォイ(風ウンディーネ)、レオ(風ドラゴンナイト)、水狼人間、ベタ(闇マーメイド)、風パンダ、ヴェラード(水ドラゴン)、バサルト(闇象)、火フランケン、光フランケンなどです。

 

保護のルーン(HP上乗せ)

 HP上乗せと言いましても、保護のルーンによる増加分の体力は、一度失うと回復することは出来ません。

アリーナや、ダンジョンでのアタッカーの耐久性を上げるために活用されています。

基礎HPの多いキャラにつけるほど、恩恵を大きく受けられます(お持ちであればリテッシュがおすすめです)

 

破壊のルーン(最大HP破壊)

 アリーナで超耐久キャラに最適のルーンです。

例えばリナ・水司祭やカミラ。

水司祭は毎ターン自分の体力に比例したシールドを張るので、なっかなか倒せない。

カミラはクリティカルを受けるとダメージ半減してくるし、毎ターンHP回復してくるので、倒しづらい。

そういったキャラクターとは持久戦になるので、それらのキャラクターが破壊のルーンを装備していて、こちらの最大HPを削ってくると、削られたHPの一定の割合は回復できませんので、いずれ必ず負けるという戦法です。

ただし、クリダメ型のコッパーこと風リビングアーマーと、防御強化バフを持っているキャラがこちらに生き残っていれば、たいてい1撃で沈めることができます( ^ω^)

クリダメ180程度防御力800+バフで4万8000とか出ます。

(カミラには、24000程度)

それでも、たいてい一撃ですし、リナがたまにHP残りますが、リナなんて最後の一体にして倒すパターンしかないので、残ったところでもう一撃雷落としをくらわせてやれば沈みます(速度はほぼ上げていない鈍足でも余裕で間に合います。もちろんスキルマで)

クリ率をほぼ100%で運用していますので、水属性キラー専用コッパーであれば、もっとクリダメ型にして5万超えも夢じゃありません(敵がリナの場合はシールドで少しダメージ低減されますが

果報のルーン(ゲージ増加)

 さきに狙われやすいモンスターや、ターンの回転率を優先的にあげたいキャラクターにオススメのるーんです。アリーナでは、速度型のパーティのアタッカーが動く前に割り込むために使われることも多々あります。

アリーナで使う場合は一番難しいルーンです。
使用モンスター例は、風姫や水イフ、カビラ(光ハーピー)、バナード(風グリフォン)などです。

 

その他のルーン

簡単な解説で済むルーンについては、その他のルーンにまとめました。 

 

吸血のルーン

 HPが低くなればなるほど攻撃力の上がるキャラクターや、反撃スキルをもっているキャラクターにオススメです。特に最近の対人戦では吸血ラカンは猛威を奮っています。ほんと嫌い。対策としては先手で意思を剥がしてガレオンで防御弱体、味方攻撃力強化で、沈めています。

例:トレバー・火ネオストーンファイター、ラカン・火キメラなど。

猛攻のルーン

 攻撃力に比例して回復力が上がるモンスターにおすすめ!

例:アナベル・水オカルト、文姫・水姫など

 

忍耐のルーン

 味方の状態異常を解除するスキルを持っているキャラクターにオススメ。

例:コナミヤ、デルフォイ、火アークエンジェルなど。

守護のルーン

防御比例スキルを持っているキャラにオススメ。

例:コッパー、火フランケンなど。 

 

迅速のルーン

 速度によって攻撃力が上がるモンスターや、PT全体の速度を上げるスキルを持っているキャラクターにオススメです。

例:デオマルス・水イフリート、バナード・風グリフォン。

 

刃のルーン

 クリティカル率が増加することにより、恩恵を受けられるモンスターにオススメですね。

 例:ヴェルデハイル・火ヴァンパイア、アーマン・光ベアマン。

 

激怒のルーン

 必ずクリティカル攻撃が出るというスキルや、クリティカル率が50%追加されるスキル、防御無視スキルを持っているモンスターにおすすめです。

例:カミヤ・闇九尾、闇狩人、ルシェン・風ジョーカー、コッパー。風リビングアーマー、カーリー・火ハイエレメンタル、タール・光インプ、火フランケン。

 

残りのルーン

 集中や闘志、決意、高揚などのルーンは、星6の%でサブオプ%2つ以上とかじゃない限り使わなくて良いです! 暴走や反撃・果報を付けるほうがよっぽど良いです。

 

サマナーズウォー関連の記事のリンク

 

優先すべき星6おすすめの星3モンスター

 

やりこみ要素の強いアプリランキング1位はサマナー笑

 

サマナーズウォー初心者だった頃に、失敗した後悔していること

 

異界レイド5属性の特徴とその攻略方法【サマナーズウォー】

 

無印・無属性レイドの攻略方法【さまなーずうぉー】

 

以上、ゲームアプリサマナーズウォー内の、それぞれのルーンの特徴と最適な活用ケースの攻略指南でした。