役立つ情報まとめブログ

【暮らしを豊かに:Smart Life Net】

ダイエット・健康・chrome・スマホゲームアプリ・アニメの情報を主に紹介しております。

痩せたい人へ 『お腹編』 痩せた方法を伝えたい【運動と食事のバランスが大事】

本気で痩せたい方は、まず「痩せる方法」知ることから始めて下さい。

 

私がそうであったように、いくら苦しい痩せるための努力をしても、効率の悪いダイエット方法ですと、なかなか続けられません。

 

続かない原因は、苦しいだけならまだしも、いくら苦しい痩せる努力をしても痩せない・なかなか結果が出ないからですよね?

 

痩せたい気持ちがあれば多少の苦しいことには耐えられます。

それでも、いくら努力をしても痩せなければ続きません。

 

ですので、私がしてきた過去の失敗ダイエット方法と、成功したダイエット方法について、お話していきます。

 

目次 (タップで本文へ自動スクロールします)

 

痩せなかったダイエットランキング

 

1位 バナナダイエット・リンゴダイエット

 

バナナやリンゴは、栄養価が非常に高く健康に良いですし、お医者様もすすめるほどです。

 

しかし、早く痩せたい方には向いていません。

 

なぜなら、カロリーおよび糖質含有量が、ともに高いからです。

 

早く痩せたいのであれば、食物繊維が豊富で、カロリーや糖質の少ない野菜(キャベツやレタスや白菜)などを主食として食べるようにしましょう。

 

 

2位 縄跳びダイエット

 

全体重を空中に浮かすほどの力がを使う縄跳び。つまり必要なエネルギー量が多いため、必然的にカロリー消費が多くなる縄跳びダイエット。

 

しかし、いちいち外に出てしないといけないことや、胸への刺激が大きいため、胸がたれやすいなどの問題もあります。

 

室内で分厚い目のマットを敷いて、エア縄跳びに切り替えたり、スポーツブラを取り付けるという対策がありますが、ながら作業(運動)が音楽をききながらぐらいしかできず、あまり長続きしませんでした。

 

そのうえ、痩せませんでした。。。(私が痩せた、おすすめの運動方法は下記の目次で解説しております。

 

 

3位 踏み台昇降運動ダイエット

 やり方は、週刊誌の、少女漫画や少年漫画ぐらいの本を、数冊ならべて重ねて、しっかりと固定した安全な階段のような段差をつくり、そこを昇り降りする運動方法。

 

続かなかった原因と、痩せなかった原因は、縄跳びダイエットとほぼ同じでした。。。

 

 

痩せた方法おすすめランキング

1位 キャベツダイエット

 食物繊維が豊富! 低カロリー! 低糖質。

なので、便秘解消にもダイエットにも最強の食材です。

 

私の場合は、とにかくどんな食事とも一緒に食べていました。

(分かりやすくいえば、主食のご飯(お米)を、キャベツに置き換えた感じです。)

 

なので、置き換えダイエットでもありますね。

 

夜にお腹が空いた時は、低糖質であるオリーブオイル+塩や、マヨネーズや、めんつゆ調味料にして食べておりました(辛いもの好きなら一味唐辛子などもオススメ。

 

キャベツって、切ったり洗ったりするのが面倒くさいという方にオススメの切り方は、1玉を4分の1にカットする切り方です。

 

側面からキャベツの断層に水を流し込み、水洗いをして冷蔵庫に保存していました。

 

それを更にざく切りにして丼などにいれてラップをして保管してもいいですし、ひんよりも効率を優先するのであれば、そのまま指で千切って食べたり、ガブリとかぶりついて食べることもオススメです(仕事が忙しい時は私も、そうしておりました。

 

キャベツだけだと、飽きがきたり、継続できなくなりがちですが、他の食材とともに食べる(もしくは、他の料理を一口たべた後に、キャベツを一口食べるという交互に食べる)方法をとることにより、満腹感・満足感を得ることができながら、痩せることが出来ます。

 

なので、継続もできますし、いろいろな栄養素も摂取できますので、健康的そして早く痩せることができた理想的なダイエットでした。

 

 

2位 鍋ダイエット

とにかく最速で痩せたい方は、低カロリーよりも、低糖質を実現しながらダイエットにとりくみましょう。そこで一番効率よく早く痩せるダイエット方法が、鍋ダイエットです。

 

鍋にいれる食材は、キャベツや白菜、レタス、もやし、大根、しらたき、こんにゃく、お肉(牛肉・鶏肉・豚肉)、豆腐、キノコ! などの、低糖質のものです。

 

逆に、にんじんや、ジャガイモやさつまいものイモ類などは、糖質が多いのでダメです。

 

糖質を抑えることにより、脂質が体内の脂肪へ変換されることを防ぎ、そのまま便へと排出されるので、非常に早いペースで痩せることが出来ます。

 

おまけに、糖質制限を優先的に行うと、体内にたまりすぎている余分な水分も早く抜けやすい(糖質制限開始20時間後~30時間後)ので、体重の変化が著しく目に見えるので、モチベーションの維持、やる気の上昇もあって、楽しかったです。

 

実際に体験して思ったのですが、むくみの解消にも糖質制限は非常に効いているのではないか?と感じました。

 

 

3位 豆ダイエット(納豆・ブラックコーヒー・枝豆)

枝豆!おいしいですよね~~~!!!

茹で上がった枝豆に、かるく塩をまぶして、ぱくぱくぱく。

 

野菜(葉物)に飽きた時は、枝豆をひたすら食べていました(特に夜中に小腹がすいたときなど)

 

糖質の少ないものを食べていると、カロリー摂取量が多くても(1600kcal~2000kcalを超えても)、次の日に体重を計ってみても増えていない不思議(現状維持もしくは減っていました)。

 

あとは、腸内環境はダイエットにも精神的な健康にも非常に綿密な関係でつながっているので、納豆をとるようにしていました。

 

付属しているタレは、炭水化物(糖質)が多く含まれているので、使用したとしても半分ぐらいしか、いれてませんでした。

 

納豆が苦手な方は、うずらの卵や、生卵といっしょに、めんつゆをかけて食べると、食べやすいですよ♪♪

 

腸内環境は、うつ病の改善や、便秘の解消にもつながります。

どうしても納豆が食べられない方は、キムチや、無糖のヨーグルトがおすすめです

 

 

痩せたいなら運動!

ダイエットにおすすめ運動ランキング

 

食事だけでも、糖質を控えれば2日で1kgという脅威のスピードで体重を落とすことはできます。(糖質の摂取量を1日あたり10g以下に抑えた場合)

 

それでも、何日も続けていると痩せる速度は遅くなってきます。

 

そこで運動です。

 

1位 ロングブレスダイエット

 

一時期大ブームになったロングブレスダイエットです!

これは、お腹引っ込め効果のあるダイエットとしてだけでなく、自律神経のバランスを整える効果もありますので、メンタリズムの観点からも非常におすすめされている方法です。

やり方は、息を5秒~8秒間の間にゆっくりと息を吸いこみ、最大限すいこめるまで、吸い込みます。

 

そして、息を5~8秒間とめます、

 

そして息をゆっくりと吐き、可能な限り、息を吐き出せられる最大量を吐き出します。

(慣れてきたら勢い良く吐き出し、苦しくなるまで吐き続けましょう(目安:6秒~12秒)

 

これと、糖質制限(キャベツダイエット or 鍋ダイエット)で、かなりお腹が引っ込みます。

 

体重もゴリゴリと削れていきますし、精神面も安定し、集中力が高まりますので、非常におすすめのダイエット方法となる運動です。

 

 

2位 寝転がりながら足上げダイエット

 

スマートフォンで、ゲームアプリをしていたり、ニュースやアニメを見ている時に、これを疲れるまでずっとしていました。

 

少し休んだら、また再開。ということを繰り返していました。

 

方法は、仰向けに寝転んで、スマートフォンを腕で上に持ち上げて見ながら、両足や片足を30度~90度近くまで上げたり、前後左右に動かしたり、上げた状態で静止したりして、色んな筋肉を使うように工夫して繰り返していました。

 

2chまとめニュースや、アニメを見ながらなので、頭はアニメに集中したいので、ある一定の動き、例えば「足を縦にバタバタする」を繰り返して疲れたら休んで、回復したら次の動作は「足を横にバタバタする」を繰り返すなど、パターン化して行っていました。

 

 

 

3位 睡眠ダイエット

睡眠は、どんな薬にも勝るほど、回復力に優れた方法です。

 

睡眠を多くとることにより、食欲を抑えたり、脂肪の吸収量を減らすためのホルモンが分泌されます。

睡眠と血中のホルモンの関係を比較する研究では、睡眠が短い人ほど、そのホルモン(レプチン)分泌量が少ないということが明らかになっております。

 

実際、みなさんもやってもらえれば体感してもらえると思いますが、私自身も、睡眠時間が短い時・4~5時間の時は、朝からずっとお腹が空いた状態ですし、食事をとっても、4~5時間後には耐えられない空腹におそわれてしまいます。

 

しかし、睡眠をたっぷりととっている時・8時間以上の時は、お昼頃までは空腹感を感じずに仕事に集中できていましたし、食事の量も少ない量で、満腹感を感じることができておりました。

 

7時間以上の良質な睡眠、できれば8時間以上の睡眠をとることを心がけて下さい。

 

適度で、たっぷりの睡眠はダイエットだけでなく美容や健康にもいいこと尽くめです。

 

(10時間以上は寝すぎですが、痩せます。ダイエット期間中においてはおすすめです。)

 

 

以上が、痩せたい人へ贈る、私が痩せた成功体験と、痩せない日々を過ごした失敗体験でした。

 

少しでもあなたの人生の幸せに貢献できましたら、とても嬉しいです。

 

 

お互い目的に向かって、がんばりましょう!(私の今の目的は会社での昇進・昇格です!

 

絶対痩せる。何しても痩せない思いをした私が一ヶ月で-10キロ痩せたダイエット方法。
鍵は炭水化物と運動、ライザップと同じだった。 - 【暮らしを豊かに:Smart Life Net】


f:id:kamomako:20170805005134j:plain

Copyright: Patrick